Pictone

Pictone利用規約

この利用規約(以下「本規約」といいます)は、Pictoneプロジェクト(以下「本プロジェクト」といいます)が提供する本サービスの利用条件および本プロジェクトと本サービスの利用者の皆様との間の権利義務関係が定められています。本サービスの利用に際しては、本規約に同意いただく必要があります。

第1条 適用
1.本規約は、本サービスの提供条件および本サービスの利用に関する本プロジェクトと利用者との間の権利義務関係を定めることを目的とし、本プロジェクトと利用者との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
2.本プロジェクトが本サービス上で掲載する本サービス利用に関するルール等は、本規約の一部を構成するものとします。
3.本規約の内容と、前項のルール等またはその他の本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第2条 定義
本規約で用いる単語の意味は、以下の通りです。
1.「サービス利用契約」とは、本規約を契約条件として、本プロジェクトと利用者の間で締結される、本サービスの利用契約をさします。
2.「本サービス」とは、本プロジェクトが提供するアプリケーションサービス「Pictone」(理由の如何を問わずサービスの名称または内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます)をさします。
3.「無料サービス」とは、本サービスのうち、利用者が無料で利用できるサービスをさします。
4.「有料サービス」とは、本サービスのうち、利用者が、本プロジェクトの定める利用料を支払うことで利用できるサービスをさします。
5.「コンテンツ」とは、本サービスを通じて提供される文章、音声、動画などをさします。
6.「本プロジェクト提供コンテンツ」とは、コンテンツのうち、本プロジェクトが準備したコンテンツをさします。
7.「シナリオ」とは、本プロジェクト提供コンテンツのうち、録音用の素材をさします。
8.「録音音声」とは、利用者が本サービス上でシナリオに対し録音し、保存される音声をさします。
9.「投稿音声」とは、録音音声のうち、利用者が本サービスの定める条件を満たした場合に本サービスで公開される音声をさします。
10.「利用者」とは、本サービスのアプリケーションを自身の利用機器にダウンロードし、本サービスを利用する全てのユーザーをさします。
11.「登録利用者」とは、利用者のうち、本サービスにおいて本プロジェクト所定の登録情報を登録したものをさします。
12.「登録情報」とは、登録利用者が、登録申請に際し、ニックネーム、性別、アイコン画像、プロフィールその他本プロジェクトが定める必要な情報をさします。
13.「音声投稿者」とは、登録利用者のうち、本サービス上で自らの録音音声を投稿音声として投稿した利用者をさします。
14.「利用機器」とは、本サービスを利用するために必要な携帯電話、スマートフォン、タブレット端末、またはその他の機器をさします。

第3条 利用環境の整備
1.利用者は、利用機器およびインターネット等の通信回線等を、自己の費用と責任において準備し、本サービスを利用可能な状態に置くものとします。
2.利用者は、利用機器に対し、コンピュータ・ウイルスへの感染防止、不正アクセス防止、情報漏えい防止等のセキュリティ対策を充分に行うこととします。
3.本サービスを利用する際にかかる通信費等は、利用者が負担するものとします。
4.本プロジェクトは、利用者が準備する前3項の利用環境について一切関与せず、当該利用環境に基づいて生じた損害につき、一切の責任を負いません。

第4条 利用者
本サービスの利用を希望する利用者は、本規約を遵守することに同意し、かつ下記の条件を満たしていることを前提とします。利用者が本サービスの利用を開始すると同時に、利用者と本プロジェクトとの間に、サービス利用契約が成立するものとします。
1.日本語を用いて本サービスの提供を受けることができること。
2.本サービスの利用の時点で、本規約の違反等により、本サービスの一時停止もしくはサービス利用契約の解約処分または利用の拒絶を本プロジェクトより受けたことがないこと。

第5条 本サービスの利用等
1.利用者が未成年の場合は、本サービスの利用にあたり親権者の承諾を得なければならないものとします。
2.本プロジェクトは、利用者が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録および再登録を拒否することがあり、または本サービスの提供を停止することができます。
(1)前項の承諾を得ていなかった場合。
(2)登録情報の全部または一部につき、虚偽、誤記または記載漏れがあった場合。
(3)登録情報の全部または一部が、公序良俗に反する場合またはそれに準じるような不適切な内容の場合。
(4)成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合。

第6条 本サービスの提供
1.利用者は、Apple Inc.の発行するID(以下「利用者ID」といいます)を使ったアカウント認証により、本サービスを利用することができます。
2.利用者は、本サービスの利用にあたり、以下のプランを選択できます。利用者は、各プランごとに、本サービスの機能を利用できるものとします。各プランで利用できる本サービスの機能は、本サービスのウェブサイトに記載するものとします。
(1)「リスナー」:全ての利用者が利用できます。
(2)「ライトアクター」(ライト会員):登録利用者が利用できます。
(3)「プレミアムアクター」(プレミアム会員):登録利用者のうち、本プロジェクトが定める利用料の支払決済等の手続きが完了した利用者が利用できます。
3.「ライトアクター」、「プレミアムアクター」プランを選択する場合、利用者は、まず登録情報の登録等、本サービス所定の手続きを行う必要があります。利用者は、所定の手続きが完了した時点から、各プランの本サービスの機能を利用できます。

第7条 利用料
1.本サービスの利用料は以下のとおりとします。
(1)「リスナー」,「ライトアクター」:無料。
(2)「プレミアムアクター」:有料/利用料は別途本サービスのウェブサイトに表示するものとします。
2.「プレミアムアクター」の契約期間は、申込時より1か月間とします。
(例:2020/6/27 17:14:29に申し込みをされた場合、2020/7/27 17:14:29までが契約期間となります)
3.利用者は、利用料を、本プロジェクトが別途指定する支払方法により支払うものとします。
4.利用者が利用料の支払を遅延した場合、利用者は、年14.6%の割合による遅延損害金を本プロジェクトに支払うものとします。
5.一旦支払われた利用料は、通信サービスが利用出来ない状態が生じた場合等を含め、本プロジェクトの責めに帰すべき事由がある場合を除き、返金いたしません。

第8条 決済・課金方法
1.本サービスは、請求・収納代行業務を行うApple Inc.、その他取扱事業者(以下総称して「請求・収納代行業者」といいます)が App Store等で提供する自動更新の定期購読型課金の機能またはその他取扱事業者が定める課金の機能(以下総称して「課金機能」といいます)を利用しております。利用料は、課金機能での決済手段および支払方法により、請求・代行収納されるものとし、利用者はこれを承諾するものとします。
2.利用者は、利用料の支払いに関連して請求・収納代行業者との間で生じた紛争を、自己の責任と費用において解決するものとし、本プロジェクトに何等の迷惑をかけず、かつ損害を与えないものとします。また、本プロジェクトは、かかる紛争に起因して利用者に生じる損害につき、一切の責任を負いません。

第9条 課金の停止等
1.本サービスは請求・収納代行業者が提供する自動更新の定期購読型課金の機能を利用しています。有料サービスの解約を希望する利用者は、利用者自身で課金機能を通じて登録を解除するものとします。
2.利用者は、利用者が前項の登録解除を失念したことにより課金が継続した場合も、利用料が返金はされないことを予め承諾するものとします。

第10条 本サービスの利用範囲
1.利用者は、自身の私的な範囲で使用する方法でのみ、本サービスを利用することができます。利用者が本サービスの利用権を独占したり、利用権を第三者に譲渡または貸与したり、再許諾したりすることはできません。
2.利用者は、本サービスを、本プロジェクトが提供する状態でのみ利用することができます。本サービスについて、開発、複製、改変、翻案、販売、再配布、送信可能化または公衆送信をすることはできません。
3.利用者が本サービスに投稿した一切の投稿音声は、原則、本サービス上で公開され、他の利用者はこれを視聴・鑑賞することができます。なお、「プレミアムアクター」プランの利用者は、投稿音声を非公開に設定することができます。
4.利用者は、本サービスにおいて、投稿音声が含まれるコンテンツのURLを第三者に共有することができます。但し、当該第三者が当該コンテンツを視聴・鑑賞するためには、本サービスの利用者であることが前提となります。

第11条 コンテンツ等の取り扱い
1.本プロジェクト提供コンテンツは、著作権法で保護されており、その権利は当該コンテンツの権利者に帰属しています。利用者は特に明記がない限り、私的な範囲での使用のみが可能となります。利用者は権利者の許諾なく、当該コンテンツの全部または一部を複製、改変、翻案、販売、再配布、送信可能化または公衆送信することはできません。
2.本プロジェクト提供コンテンツに関する知的財産権その他の権利は、利用者に移転しません。
3.本サービスにおいて、商号や、登録商標、ロゴ等が表示される場合がありますが、利用者は、本プロジェクトの事前の許諾なく、これらを利用することはできません。
4.音声投稿者は、投稿音声について、自らが投稿その他送信することについての適法な権利を有していること、および投稿音声が第三者の権利を侵害していないことについて、本プロジェクトに対し表明し、保証するものとし、本プロジェクトは、投稿音声について何ら責任を負わないものとします。利用者または本プロジェクトが他の利用者または第三者から異議、申立て、クレームその他の請求を受けた場合は、音声投稿者が自己の責任と費用において処理、解決するものとします。
5.利用者の音音声または投稿音声の著作権は、全て当該利用者または音声投稿者に帰属するものとします。但し、本プロジェクトは、本サービスの提供、利用促進および本サービスの広告・宣伝の目的のために、投稿音声を無償かつ非独占的に掲載、配信、複製および派生著作物を作成することができ、音声投稿者は、予めこれを許諾するものとします。
6.利用者は、本プロジェクトおよび本プロジェクトから権利を承継しまたは許諾された者に対して著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。
7.本プロジェクトは、全てのコンテンツ、全ての登録情報、録音音声ならびに投稿音声を閲覧または視聴することができ、必要に応じて、その全部または一部を本サービスの運営ならびにプロモーション、市場調査等に際し、利用者に通知することなく、無償で複製その他あらゆる方法により利用し、あるいは第三者に開示または利用させることができるものとします。
8.本プロジェクトは、登録情報、録音音声または投稿音声が以下の各号に該当すると判断した場合、当該録音音声または投稿音声の削除、本サービスの利用停止、あるいは登録の抹消を行う場合があり、利用者は予めこれを承諾するものとします。
(1)他の利用者またはその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、パブリシティ権、名誉、その他の権利または利益を侵害する場合またはその恐れがある場合。
(2)公序良俗に反する場合またはその恐れがある場合。
(3)その他本プロジェクトが不適切と判断した場合。

第12条 登録情報の管理
1.利用者は、登録情報を不正に利用されないよう、利用者ご自身の責任で厳重に管理しなければなりません。
2.本プロジェクトは、利用者が本サービス登録情報を利用して行われた行為を、当該利用者ご本人の行為とみなすことができます。
3.利用者は、本サービス登録情報に変更が生じた場合、本プロジェクト指定の方法で遅滞なく変更するものとします。当該変更作業がなされなかったことで利用者が不利益を被った場合でも、本プロジェクトはその責任を負いません。
4.利用者は、本サービス登録情報を失念、紛失、盗難、または第三者に不正に利用された場合、もしくはその可能性がある場合には、速やかに本プロジェクトに届け出るものとします。
5.本プロジェクトは、利用者が登録情報を失念した場合、管理不十分な場合、内容が不正確または虚偽であった場合、使用上の過誤があった場合、第三者により使用された場合、本プロジェクトが指定する以外の方法で使用した場合に利用者が受けた不利益または損害に関して、一切責任を負いません。
6.利用者の、本サービスにおけるすべての利用権は、登録情報が削除された時点で、理由を問わず消滅します。利用者が誤って登録情報を削除した場合であっても、復旧はできませんのでご了承ください。
7.本プロジェクトは、登録利用者が本プロジェクトに提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、本プロジェクトの裁量で、利用および公開することができるものとし、登録利用者はこれに異議を唱えないものとします。

第13条 個人情報の取扱い
利用者は、登録情報や録音音声、投稿音声内に、個人情報を含めないこととします。利用者が、何らかの個人情報を登録したことにより、他の利用者またはその他の第三者から異議申し立てやトラブル等が生じ、または利用者もしくは第三者に損害が発生した場合、利用者自身の責任と負担においてこれに対応するものとします。

第14条 禁止事項
1.利用者は、本サービスを利用して以下の各号に該当する行為を行わないものとします。
(1)他の利用者もしくは第三者の財産、プライバシー、肖像権またはパブリシティ権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為(他の利用者や著名人、その他第三者の情報を無断で自己の登録情報として利用する行為を含みます)。
(2)他の利用者もしくは第三者を差別もしくは誹謗中傷し、または他者の名誉もしくは信用を毀損する行為。
(3)民族・宗教・人種・性別・年齢等による差別につながる表現を掲載する行為。
(4)違法な薬物、銃器、毒物もしくは爆発物等の禁制品の製造、販売もしくは入手に係る情報を送信または表示する行為。賭博、業務妨害等の犯罪の手段として利用する行為。犯罪を助長し、または誘発するおそれのある情報を送信または表示する行為。
(5)わいせつ、児童ポルノもしくは児童虐待に相当する画像、映像、音声もしくは文書等を送信または表示する行為、またはこれらを収録した媒体を販売する行為、またはその送信、表示、販売を想起させる広告を表示または送信する行為。
(6)ストーカー行為等の規制等に関する法律に違反する行為。
(7)無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘する行為。
(8)インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律に基づく、当該事業の提供者に対する規制および当該事業を利用した不正勧誘行為の禁止に違反する行為。
(9)異性との出会い等が主目的であると本プロジェクトが判断するすべての行為。
(10)売買行為、オークション行為、金銭支払やその他の類似行為。
(11)アクセス可能な本プロジェクトまたは他者の情報を改ざん、消去する行為。
(12)本プロジェクトまたは他者になりすます行為(詐称するためにメールヘッダ等の部分に細工を行う行為を含みます)。
(13)有害なコンピュータプログラム等を送信し、または他者が受信可能な状態におく行為。
(14)選挙の事前運動、選挙運動(これらに類似する行為を含みます)および公職選挙法に抵触する行為。
(15)他者に対し、無断で、広告・宣伝・勧誘等のメッセージまたは嫌悪感を抱くメッセージ(そのおそれのあるメッセージを含みます)を送信する行為。他者のメッセージ受信を妨害する行為。連鎖的なメッセージ送信を依頼する行為および当該依頼に応じて送信する行為。
(16)他者の設備または本プロジェクトのサービス用設備(本プロジェクトが本プロジェクトのサービスを提供するために用意する通信設備、電子計算機、その他の機器およびソフトウェアをいい、以下同様とします)に無権限でアクセスし、またはポートスキャン、DOS攻撃もしくは大量のメール送信等により、その利用もしくは運営に支障を与える行為(与えるおそれのある行為を含みます)。
(17)サーバ等のアクセス制御機能を解除または回避するための情報、機器、ソフトウェア等を流通させる行為。
(18)本人の同意を得ることなく、または詐欺的な手段(いわゆるフィッシングおよびこれに類する手段を含みます)により他者の個人情報を取得または開示する行為。
(19)日本の外国為替および外国貿易法、米国輸出管理法およびその他適用される法令に違反する行為。
(20)同一内容を執拗に投稿する行為やおよび無意味な音声等の投稿であると本プロジェクトが判断する行為。
(21)個人の特定に繋がる可能性がある情報(氏名、住所、メールアドレス、電話番号等)を要求または掲載(利用者本人のプロフィール情報記載欄に氏名を掲載することは除く)もしくは提供する行為。
(22)上記各号の他、法令、またはこの利用規約に違反する行為。公序良俗に違反する行為(暴力を助長し、誘発するおそれのある情報または残虐な映像を送信または表示する行為。心中の仲間を募る行為等を含みます)。本プロジェクトのサービス、提携サービスまたは他者サービスの運営を妨害する行為。他の利用者または第三者が主導する情報の交換または共有を妨害する行為。信用の毀損または財産権の侵害等のように本プロジェクト、提携先、または他者に不利益を与える行為。
(23)上記各号のいずれかに該当する行為(当該行為を他者が行っている場合を含みます)が見られるデータ等へ当該行為を助長する目的でリンクを張る行為。
(24) その他、本プロジェクトが不適当と判断した行為。
2.利用者は、本サービスの営利を目的とした利用およびその準備を目的とした利用をすることはできません。但し、利用者が事前に本プロジェクトに書面または電子データにより申告し、本プロジェクトが承認した場合は、この限りではありません。

第15条 本サービスの利用停止等
1.利用者が、本規約に違反した場合、本プロジェクトは、利用者に対して損害賠償義務を負うことなく、何らの催告なしに、直ちに当該利用者による本サービスの全部または一部の利用を停止、または本サービスの利用資格を喪失させる場合があります(当該資格喪失の場合、自動的に本サービス終了および退会となります)。
2.利用者が本規約に違反したことにより本プロジェクトが損害を被った場合、本プロジェクトは当該違反利用者に対し損害の賠償を請求することがあります。

第16条 本サービスの追加・変更・中断・終了
1.利用者は、本プロジェクトが本サービスの全部または一部を中断または終了する場合があることを了承するものとします。中断または終了の際は、利用者への事前の通知を原則とします。
2.前項に拘らず、以下の各号に定める場合には、本プロジェクトが、事前の通知なく本サービスの提供を中断することがあるものとし、利用者はこれを了承するものとします。
(1)本サービスに必要なシステム・サーバの保守点検、障害復旧対応、メンテナンス等やむを得ない場合または本サービスの運営状況その他の予期できない事情が生じた場合。
(2)天災地変、パンデミック、労働争議等の不可抗力により本サービスの提供ができない場合。
(3)アクセス数またはデータ転送量の増大により、円滑なサービスの提供に支障を来すと判断した場合。
(4)運用上または技術上、本サービスの一時的な中断を必要とした場合。
(5)本プロジェクトが利用する第三者のサービスの利用ができなくなった場合。
3.本サービスの終了に伴い、本プロジェクトは、本サービスのウェブサイトを任意に閉鎖することができるものとします。また、本プロジェクトは、利用者の登録情報を消去するものとします。但し、必要な範囲で、利用登録情報等は消去されず、引き続き保持される場合があります。
4.本プロジェクトは、本サービス中断または終了後に、内容を追加あるいは変更した改善版または類似する新サービスを改めて提供することがあります。当該新サービスにおいて、旧サービスの登録情報を新サービスでも継続して使用する場合、本プロジェクトは、利用者に対し、新サービスにおいても当該継続使用に関する許諾判断を行って頂くよう、新サービス上での操作を依頼する等の措置を行います。
5.本プロジェクトは、前条の本サービス利用停止、利用資格喪失、または本サービス終了後も一定期間、登録情報、録音音声、投稿音声その他当該利用者から提供を受けた情報を保持することができるものとします。

第17条 免責事項
1.本プロジェクトは、以下の各号に定める事項について、いかなる保証・責任も負わないものとします。
(1)本サービスおよび本サービスの利用者が発信する情報についての正確性、合法性、道徳性、安全性、有用性および利用者が意図する利用目的への適合性等。
(2)本サービスのリンク先である他のウェブサイトの内容や利用者による利用に伴う結果等。
(3)本サービスの利用または利用不能により発生した利用者の損害(第三者との間で生じたトラブルに起因する損害も含みます)。
(4)本プロジェクトの責に帰すことのできない事由から生じた損害、本プロジェクトの予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益ならびに第三者からの損害賠償請求に基づく損害。
(5)前条の本サービスの中断または終了により利用者に生じた損害。
2.利用者が本サービスを利用する際にサーバ等の設備に蓄積したデータ等が消失し、または第三者により改ざん等された場合、本プロジェクトは、技術的に可能かつ本プロジェクトが合理的と判断する範囲で当該データ等の復旧に努めるものとし、その復旧への努力をもって、消失または改ざん等に伴う利用者または第三者からの損害賠償の請求を免れるものとします。
3.本プロジェクトは、以下の各号に定める場合に、利用者が本サービスを利用して発信する情報の内容を閲覧、保存、第三者に開示することができるものとします。なお、本プロジェクトは、当該閲覧等によって利用者に生じたいかなる損害についても、一切責任を負わないものとします。
(1)本サービスの技術的不具合の原因を解明し、解消するため必要な場合
(2)裁判所や警察などの公的機関から、法令に基づく正式な照会を受けた場合
(3)本規約に違反する行為またはそのおそれのある行為が行われていないことを確認する場合
(4)生命、身体または財産の保護のために必要があると本プロジェクトが判断した場合
(5)法令に基づく強制的な処分が行われた場合、または法令に基づく開示請求があった場合
(6)その他本サービスを適切に運営するために必要が生じた場合
4.本条の規定は、本プロジェクトに故意・または重過失があった場合はこの限りではないものとします。本サービスの利用に関し、本プロジェクトが損害賠償責任を負う場合、当該損害が発生した月から遡って、過去12ヶ月間に利用者が本プロジェクトに本サービスの対価として支払った総額を限度額として賠償責任を負うものとします。

第18条 自己責任の原則
1.利用者は、自己の責任において本サービスを利用するものとします。
2.利用者が他者の名誉を毀損した場合、プライバシー権、肖像権またはパブリシティ権を侵害した場合、許諾なく第三者の個人情報を開示した場合、著作権法に違反する行為を行った場合、他人の権利を侵害した場合、その他本サービスに関連して他の利用者または第三者との間で何らかのトラブル、紛争等が生じた場合は、当該利用者は自身の責任と費用において解決しなければならず、本プロジェクトは一切責任を負わないものとします。
3.本プロジェクトは、本サービスのコンテンツおよび利用者の録音音声・投稿音声を含む本サービスのデータの保存義務を負うものではなく、利用者は、あらかじめこれを承諾します。
4.本プロジェクトは、録音音声または投稿音声が第14条各号に該当すると判断した場合その他本規約の定めに反するものと判断した場合には、当該音声データを削除または非表示とすることがあり、利用者は、あらかじめこれを承諾します。
5.利用者は、利用者による本サービスの利用と本サービスを利用してなされた一切の行為とその結果について一切の責任を負います。
6.利用者は、利用者による本サービスの利用と本サービスを利用してなされた一切の行為に起因して、本プロジェクトまたは第三者に対して損害を与えた場合(利用者が本規約上の義務を履行しないことにより本プロジェクトまたは第三者が損害を被った場合を含みます)、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。
7.所定の本人確認画面において利用者の利用者IDが入力された場合は、第三者が入力した場合においても、利用者が入力したものとして取り扱い、利用者の利用者IDを入力したうえでなされた行為について、利用者本人の行為とみなすものとします。

第19条 退会
1.登録利用者は、本プロジェクト所定の手続きを完了することにより、本サービスから退会し、自己の登録利用者としての登録を抹消することができます。
2.前項による退会後の登録情報、録音音声、投稿音声その他の登録利用者の情報の取り扱いについては、第12条および第16条第5項の定めに従うものとします。
3.利用者は退会にあたり、本プロジェクトに対して負っている債務がある場合は、利用者は当該残債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに本プロジェクトに対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

第20条 広告の掲載
1.利用者は、本サービス上にあらゆる広告が表示される場合があることを予め承諾するものとします。
2.本サービス上の広告の形態や範囲は、本プロジェクトによって随時変更されます。 また、広告は、提携先が表示内容を決定するため、本プロジェクトあるいは利用者の意図しないものが含まれる可能性があります。
3.本プロジェクトは表示された広告および利用者が広告をクリックしたことにより生じた損害について、一切の責任を負いません。

第21条 反社会的勢力等の排除
1.利用者は、自らが次の各号に記載する者(以下、「反社会的勢力等」という)に該当せず今後も該当しないこと、また、反社会的勢力等との関係を持っておらず今後も持たないことを確約します。
(1)警察庁「組織犯罪対策要綱」記載の「暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等」その他これらに準ずる者。
(2)資金や便宜を供与したり、不正の利益を図る目的で利用するなど、前号に記載する者と人的・資本的・経済的に深い関係にある者。
2.利用者は、自らまたは第三者を利用して、次の各号に記載する行為を行わないことを確約します。
(1)詐術、暴力的行為または脅迫的言辞を用いる行為。
(2)違法行為または不当要求行為。
(3)業務を妨害する行為。
(4)名誉や信用等を毀損する行為。
(5)前各号に準ずる行為。

第22条 準拠法および裁判管轄
本規約は、日本法に準拠し解釈されるものとします。本サービス、本規約またはサービス利用契約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

第23条 分離可能性
1.本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、残りの条項または部分は、継続して完全に効力を有するものとします。
2.本規約のいずれかの条項またはその一部が、ある利用者との関係で無効または執行不能と判断され、または取り消された場合でも、本規約はその他の利用者との関係では完全に効力を有するものとします。

第24条 通知・連絡
本サービスに関する問い合わせその他利用者から本プロジェクトに対する連絡または通知、および本プロジェクトから利用者に対する連絡または通知は、本プロジェクトの定める方法で行うものとします。

第25条 本規約の変更等
1.本プロジェクトは、本プロジェクトが必要と判断する場合には、本規約を随時変更できるものとします。
2.本規約を変更する場合、変更後の本規約の施行時期および内容を本サービス上での表示その他適切な方法により周知し、利用者に通知します。この通知後、利用者が本サービスを利用した時点で、利用者はこの変更に同意したものとみなします。但し、法令上、利用者の同意が必要となるような内容の変更の場合は、本プロジェクト所定の方法で利用者の同意を得るものとします。

以上

≪附則≫
2020年6月24日 制定
2021年10月1日 改訂